国際交流支援協議会
横浜 ハングル
home スクール コンタクト
横浜 ハングル

NPO法人 国際交流支援協議会 韓国語会話

韓国語の勉強のコツ

横浜 ハングル

・ボラム 講師

幼児の韓国語会話


質問

幼児の韓国語会話

2歳から7歳になるまでネイティブの講師から韓国語会話を教えていただいていました。
7歳になってからネイティブではなく公文の韓国語会話に切り替えました。
自分なりの考えで、幼児期のうちは外国人に抵抗をなくすことと、ネイティブの発音を聞けるようにして小学校からは徐々に単語や文章力も確実に記憶できたら いいなと思い実行しているのですが、ネイティブの韓国語会話をやめたことにも少し心残りがあります。
幼少期に海外に住んで韓国語が話せていた子供も日本に帰ってくるとスッカリ忘れてしまうというのをよく耳にします。
なので中学時代くらいから自ら進んで学ぶと伸びると聞きました。
一方小さいうちからネイティブの発音を聞いておくとヒアリングに強いとも聞きました。
実際のところどうするのがベストなのでしょう。
海外旅行によく行くので出来ればいずれに地上会話が出来るようになるといいなという
親の高望みをしております。
英検などにはとくにはこだわってはいませんが普通に会話が出来たらいいなと・・・。
宜しくお願いします。


返事

他の子供と親との韓国語会話が薦め 普通に韓国語会話が出来たらいいなとの点から考えると、やっぱりネイティブと話しをする環境が必要だな。しかしネイティブ教師と1対1のレッスンなら教師は愛 想がよくても子供と大人の間の話はそこまで盛り上がらない。それでどこかで勉強っぽくて話し方が固くなってしまう。
解決方法は二つあると思います。
1.ネイティブ教師とグループレッスン:やっぱり子供同士の会話は子供にとって一番本
物のコミュニケーションですね。一番本物といえばつまり一番普通って感じる。日本語禁止のレッスンで他の子供との話しまで韓国語になって韓国語を使うことも少 しずつ普通に出来るような感覚になる。その考え方ができたら子供も韓国語を喋るときに緊張しなくなって新しい単語や表現を恐れずに使ってみてそれで韓国語が上 達して行く。
2.韓国の子供と活動:これをする機会はあるかないかは場所によるけどね。しかしできたらこれは一番本人が韓国語を話そうとするようになる。たくさん外国 人が住んでいて大きいな町や駐屯地のあるところなどで国際交流イベントやサークルがあります。参加すれば同じ年齢の韓国語を喋っていて友達になれそうな知り 合いを増やせる。きっとだれでも一番外国語喋れてよかったと思うときはそれで他の人と縁が作られたり深められときです。語学には言葉を通して友達と楽しめ るのよりいいモチベーションがないと思います。
あとは家族も一緒に韓国語を使う案には賛成します。間違えたら恥ずかしいと思って韓国語を使ってみようもしない子供はけっこういますよね。しかし自分の親が 使っていて間違えても前向きにドンマイの感覚が作られる。
逆に親は韓国語を使おうとしないとかなり子供のモチベーションが下がってしまいます。すごく仲良くなくても子供は大体自分の親は社会的に「ちゃんとしている 大人」と見えますね。しかしその親は韓国語を話すことに興味がないように見えると自分も韓国語をまったく使わなくても全然悪くないと思ってきっます。
親と子供の韓国語力が違う家族もたくさんいると思うからこの家族で一緒に韓国語を使うといっても簡単の表現から始まってもいいです。ありがとうやおはようござ いますをカムサハムニタにするでも。ちなみに日本で生活している兄もこうして自分の子供に少しずつ日本語を覚えさせようとしています。


横浜 ハングル

横浜 ハングル

横浜留学センター  | YRC英会話スクール | IES韓国語会話 | IES中国語会話 |  YRC子供英語 | 翻訳