国際交流支援協議会
横浜 ハングル
home スクール コンタクト
横浜 ハングル

NPO法人 国際交流支援協議会 韓国語会話

韓国語の勉強のコツ

横浜 ハングル

自分にあった、韓国語学習方法の見つけ方

韓国語は千里の旅


質問

12.韓国語は千里の旅 : だれでも知っていることわざ、「千里の旅も一歩から始まる」。

韓国語を話せるようになるのは決して楽ではなくて、長い旅です。

しかしそれでも一歩から始まるので、大切なのは頑張ってその第一歩をとることです。

そして次々のステップをとって言いたいことに近づいて、そのうちに辿り着く。

たとえば韓国語の会話で “뭐 먹었어요?” (あなたは何を食べましたか)と聞かれて、

「私は鰤を食べました」と返事したいけれど、「鰤」は韓国語でなんというのはさっぱりわかりません。

こういう時はどうすればいいでしょう?

それはもちろん第一歩をとること。

まずは「鰤」をさておき、「私は・・・を食べました」は “전 ・・・먹었어요 ”になると解るなら、まずそこまで行きましょう。

第一歩: “전 ・・・먹었어요” しかし“전 鰤를 먹었어요”と言えば、だれでも理解はしない。

なにかを食べたことが通じても、言いたいことの半分しか通じていません。

そして次のステップに進めましょう。ここでは「鰤」はなんとかにしなければなれない。

さっきの“전 ・・・먹었어요”で50%通じているので、一気に100%まで届かなくても、

まずはその方面に歩き出すことだ。 「鰤」は韓国語でなんと言うのが解らなくても、ゴールに近づける方法があります。

鰤ってどういうものですか?そう、魚の一種です。野菜でも果物でもなくて、魚です。

「魚」なら本の少しでも韓国語を勉強しているなら韓国語で“생선”というのは解りますよね。

なので: 第二歩: “전 생선을 먹었어요.”

これでも完璧ではなくても、とにかく85%ぐらいで言いたいことがほとんど通じます。

“전 생선을 먹었어요”を言うと相手に「海の魚ですか?」、「白身ですか?」などなど質問される。

それで会話が続いて、言いたいことが伝われるのはたくさんのステップをとっている内にできること。 そ

の全ては第一歩から始まる。


返事


横浜 ハングル

横浜 ハングル

横浜留学センター  | YRC英会話スクール | IES韓国語会話 | IES中国語会話 |  YRC子供英語 | 翻訳