国際交流支援協議会
横浜 ハングル
home スクール コンタクト
横浜 ハングル

NPO法人 国際交流支援協議会 韓国語会話

韓国語の勉強のコツ

横浜 ハングル

自分にあった、韓国語学習方法の見つけ方

辞書なら電子かペーパーか?③


質問

15. 辞書なら電子かペーパーか?③

電子辞書かペーパー辞書かの話では、もう一つ電子の有利点があります。

本屋でペーパー辞書を見てみればすぐ分かると思いますが、バリエーションは結構あります。

まずは単語数、そして大きさ、重さ、値段も出版社や辞書自体によって様々でしょう。

簡単にいうと、単語数が多ければ多いほど辞書が重くて値段が高くなりますね。

それでここは問題:ペーパー辞書を買うとき、どれを選ぶだろうか?

余計に重いとか余計に高いとかは言うまでもなくて誰でも嫌だよな。

重ければちゃんとした机でしか使えなくてソファーや他の座り心地良いところで勉強できない。

お金を無駄遣いも良くありません。 それでその余計を避けるように自分にとってまあまあ単語が入っていて、

まあまあのサイズ、まあまあの値段なのを選んじゃうだろう。

しかしその余計を避けることに、余裕も避けてしまう。辞書を買うのは勉強をしているだからだね。

勉強を続ければ上達する。上達すれば今のより深くて、面白い韓国語の話に進む。

そしてその話に進むために、いずれに今のよりもっとハイ・レベル、ぴったりの単語を使いたくなります。

すなわち上達すると単語のニーズも上がります。

その時がやってくると以前買った「まあまあ」レベルのペーパー辞書が壁になってしまいます。

「探している単語が載っていないときが結構あるけど、載っているときもあるからこの辞書のままで行こう」。

完全に新しい辞書を買わなければだめって気持ちになかなかなれないせいで、単語レベルが伸びなくなってしまう。

その代わりに電子辞書の方は安いのでも単語はけっこうすごい数が入っております。

同じのを5年、10年使われる話でもおかしくはないです。

ペーパーのとは違って、自分の韓国語が上達するとき、そして単語ニーズが上がるとき、電子辞書なら着いてこられる。


返事


横浜 ハングル

横浜 ハングル

横浜留学センター  | YRC英会話スクール | IES韓国語会話 | IES中国語会話 |  YRC子供英語 | 翻訳