国際交流支援協議会
横浜 ハングル
home スクール コンタクト
横浜 ハングル

NPO法人 国際交流支援協議会 韓国語会話

韓国語の勉強のコツ

横浜 ハングル


リスニング・スキルを伸ばす方法その③


26.リスニング・スキルを伸ばす方法その③ 前にこのホームページの19番の記事「リスニング・スキルを伸ばす方法その②」で文法が上手くなるとリスニング・スキルも伸びる話をしましたね。たとえば:
①「Where do you went to go?」を言われたか
②「Where do you want to go?」を言われたか分からない時。 (wh-)(do)(人)(過去形動詞)みたいな文章は文法的に作れないので、過去形の「went」が入っていつ①を言われたはずがなくて、言われている のは②だろう。 しかしこのように説明されたら納得できても、実際会話するとそんなに早く色々な文法ルールが思い出せなくてリスニングが困っている人もいるね。じゃあどう やってこのテクニックのスピードを早くできるだろう? このテクニックはつまり言われた事が①か②などの中で迷っているときに文法的におかしいのを消す。それに大切のなぜおかしいだと説明するルールを思い出す のより、ただたんおかしいかどうかを理解するだけのことだ。 突然話が変わりますが、これを読んでいる皆さんは靴紐を結べるよね…万が一結べない方がいらっしゃるなら韓国語勉強熱心は感謝するが、その前に結び方を覚え ましょう。そんなに時間かからないので終わってからまたこのホームページをチェックして。 結ぼうとしたら、やり方間違えたらすぐ分かりますね。具体的に説明するもののより、何回も正しくしているので間違えたら違和感で気づくものだ。 同じように文法を正しく使っている回数を重ねれば重ねるほど間違えっている文法ですぐ違和感がするよ。しかしそれに従って自分の文法が正しいかどうかを気 にせずに話そうとすると、その違和感が出なくて一々ルールを思い出して試すことになってしまう。 これはまたリスニング・スキル本体を伸ばすじゃなくて、文法をしっかり覚えながらリスニングがうまくなる。最近聞き取りに困っている人是非やってみて。 きっとリスニングだけじゃなくて、話すことも上手になる。


横浜 ハングル

横浜 ハングル

横浜留学センター  | YRC英会話スクール | IES韓国語会話 | IES中国語会話 |  YRC子供英語 | 翻訳