国際交流支援協議会
横浜 ハングル
home スクール コンタクト
横浜 ハングル

NPO法人 国際交流支援協議会 韓国語会話

韓国語の勉強のコツ

横浜 ハングル


初級の方には何を忘れたらいけないか?その


28.初級の方には何を忘れたらいけないか?その さって、今日はよく会話に出る”a kind of”と”what kind of”の表現の話をしよう。 この”kind”は訳すと「種類」の意味になります。なので”a kind of”は「ある種類」の意味です。あとは”this kind of”なら「この種類/こんな感じの/こんな」。 この表現を使いこなすのは特に韓国語初級の人に便利です。まだそんなにたくさんの単語、特に難しい言葉や専門用語なだを覚えていないので自分が日本語で言い たい事を英語に訳せない時はいずれに出るでしょう。そんな時に韓国語に訳すじゃなくて、韓国語で説明するしかないな。 たとえば「モンブランを食べたい」を言いようとして”I want to eat monburan”を言う。「モンブランってカタカナだからきっと韓国語でも通じるよね」 ...と思っても、実は「モンブラン」は英語で全然通じない。ってなわけで”I want to eat monburan”を言えば、”What is monburan?”の質問が来る。 それでとりあえず”It is a kind of dessert”で返事すれば大丈夫。ぴったり言いたい事が言えてなくてもまずはこれで第一歩のステップができています(ちなみにこれは#12「韓国語は千 里の旅」で話しましたね)。 これで”What kind of dessert is monburan?”を聞かれたら”It is a kind of cake”や”It is a cake with nuts”などで答えたら、少しずつ相手は自分の言いたいことを分かってくる。これで単語をそんなにたくさん知らなくても、簡単な表現で最初に難しかった ことが言えたね。 「しかしこんなふうにゆっくり読めば分かっていても、会話で言われたら速くて混乱する。だって”kind”は「種類」だけじゃなくて、「優しい」って意味 もあるよね。いったいどうやって区別するだろう?!」 とこの話に反応する人もいるかもね。これには、また前に反したよう(#11,19)に文法はしっかり分かっているならリスニングでも区別できるはずだな。 たとえば”What kind of music do you like?”と聞かれたら、このkindは優しいなら文法が合わなくて意味がない。たとえば”I ate good cake”は言えるけど”I ate good of cake”は言えないでしょう。形容詞 + of + 名刺の組み合わせはだめなので”What kind of music do you like?”を聞かれたらこのkindは形容詞の「優しい」であるわけがなくて「種類の意味です」。 「ん~でもやっぱり会話じゃ速すぎてこんらんするんだ!」 その速さでも文法を通して理解するには、自分からでも文法を正しくすること。何回も正しく使うとそのうちに自動的みたいなものになっていて、正しく使えば 使いほど言われたら理解するも自動的なものになる(これも前に#26で話したよね)。

横浜 ハングル

横浜 ハングル